Tai-chi

太極拳

太極拳は八卦掌と同じく国術(中国武術)内家拳のひとつで、最も有名な中国武術と言えるでしょう。 太極拳には大きく分けて二つの流派が存在します。源流は中国河南省温県にある陳家溝といわれる集落に居住している陳氏一族が家伝として修練していた武術です。 その陳氏の武術を元にして楊露禅という人が「太極拳」を創りました。 これは「楊家太極拳」と呼ばれて大変な流行になりました。 また源流である陳氏の武術も「陳氏太極拳」として沢山の愛好家がいます。 STMGの太極拳講座ではその両方の架式を学ぶことが出来ます。健康面でも寄与するところが大きく、近年では骨粗しょう症の予防にも大変効果的だということです。 また武術としても非常に優秀で、特に大きな力を出す為の技術は近代格闘技にも応用が可能な優れたものと言えるでしょう。

【開講場所、日時】
STMG橿原
毎週火曜日、木曜日 13:00PM~21:00PM(時間クラス制)
指定土曜日、日曜日 16:30PM~21:00PM(自由参加制)

堺道場(大阪府堺市立鴨谷体育館)
第4土曜日 17:30PM~21:00PM(自由参加制)

受講料:月額8640円 その他稽古着、武器等の購入が必要です。

見学、体験のご予約はこちらから

太極拳の歴史

中国河南省温県にある陳家溝と呼ばれる一帯は陳氏一族を中心に武術の盛んな土地でした。 ある時縁があって楊露禅という若者がこの陳氏の家伝の武術を教えてもらいそれを元に独自の拳法を編み出しました。 それが最初の太極拳です。当時はまだ名称が無く、楊露禅自身は「綿拳」とか「柔拳」という風に人には説明していたようです。 後に「楊家太極拳」と呼ばれるこの拳法は武術として優秀であるばかりか養生の法としても大変効果が高く、たちまち大流行します。 楊露禅はその後清朝の王族たちの武術指南役となっています。 現在日本でも親しまれている二十四式太極拳はこの楊家太極拳を元に創られています。ですから世界で最も愛好家の多い中国武術と言えるでしょう。

講座紹介