Xing-yi

形意拳

形意拳は八卦掌と同じく国術(中国武術)内家拳のひとつで大変威力の大きい実戦的な武術です。 形意拳の門下からは郭雲深、李存義、張占魁、尚雲祥など沢山の武術名人が輩出されていて「形意は実戦の究極也」と伝えられるほど虚飾や華美な動作を極力省いたシンプルな構成となっています。 元々は心意拳を学んだ李洛能という人が創始したと伝えられています。 まず最初に「五行拳」と呼ばれる基本5種類の拳套を学び、段階を追って応用変化の動きや応用套路を稽古しながら「相生相剋」「按身砲」といった連環対打を練ります。 実戦での臨機応変さを重視することから形意拳には制定された技が無いとされていて修行者の個性を引き出すために、その人独自のスタイルが確立されることになります。

【開講場所、日時】
STMG橿原
毎週火曜日、木曜日 13:00PM~21:00PM(時間クラス制)
指定土曜日、日曜日 16:30PM~21:00PM(自由参加制)

堺道場(大阪府堺市立鴨谷体育館)
第4土曜日 17:30PM~21:00PM(自由参加制)

受講料:月額8640円 その他稽古着、武器等の購入が必要です。

見学、体験のご予約はこちらから

形意拳の歴史

明の時代に姫際可という武将がいてその人が槍術を元にして拳法を創り、「心意拳」と名付けました。 姫際可はこの拳法を伝承してくれる人を探して中国全土を旅します。 すると曹継武という人に出会い全伝を伝えました。その後曹継武は戴隆邦に全伝を託します。 その戴隆邦に入門した人達の中に李洛能という人がいて、戴隆邦から全伝を受けた後いろいろな工夫を加えて新しい拳法を創りました。 それが形意拳の始まりと云われています。「心意拳」も「形意拳」も共に「シンイー(xing-yi)」と発音しますのでここからも関係性が伺われます。 現代では世界中に修練者が居て実戦的な武術を好む人たちに特に愛好されています。

講座紹介