STMG清風館

本部道場STMG 近鉄南大阪線「橿原神宮西口」徒歩1分
富田林道場 近鉄長野線「富田林」バスまたは徒歩
堺道場 泉北高速鉄道「光明池」徒歩5分
美原道場 南海高野線「初芝」南海バス



STMGから皆様へ

心意拳、形意拳の伝説上の創始者 姫際可はこう考えたそうです。
「平和な時代にあっては槍は必要ない。持ち歩くこともない。では危機にあったときにどうやって身を守るのか?」
そこで槍法から拳法を創ったということです。
現代の日本は平和な時代だと言われています。ですが実際には沢山の事件があり少なくない数の人たちが犯罪被害者になったり暴力的な事件に巻き込まれたりしています。
姫際可のこの言葉を考えてみてください。今の私たち現代日本人にも当てはまるのではないでしょうか?

皆さんは危機的な状況の時に身を守る術をお持ちでしょうか?

「危機管理」の概念には二通りの考え方があるそうです。
ひとつは「リスクマネジメント」。これはよく聞く言葉だと思います。予め危機を想定して予防線を張る様々な方策の事です。防犯ブザーを持ち歩いたり携帯電話に警察署への直通電話番号を短縮メモリしておいたり、また犯罪多発地域を予め把握しておきその場所を出来るだけ避ける、などといった事柄です。
しかし実際に犯罪に巻き込まれてしまったり不測の事態に陥った時には「リスクマネジメント」だけでは対応できません。予防策なのですから当然です。
そこで実際の危機のさなかで対応する方策を「クライシスマネジメント」として別個の概念として整理されているのが昨今の危機管理の最新のようです。
危機に備えて武術を習得するという行為はこの「クライシスマネジメント」にあたります。他にも通勤用のバッグや持ち物を護身に利用できるように工夫するなどの行為もこれにあたります。
つまり姫際可の考えはこの「クライシスマネジメント」に該当するわけですね。

STMGの武術は古伝の体系だけでなく最新の格闘技術も加えられています。

古伝の武術というものは治安の悪い時代に創られていますので護身術には本当にもってこいなのですが、それだけでは残念なことに現代社会では通用しないと考えています。
姫際可の時代に通用したものだけでは近代の暴力には抗しきれないのが現実です。
STMGでは欧米の治安当局でも採用されている最新のSelf Defense Systemも併せて習得できるようにカリキュラムが組まれています。これにより古伝武術群と近代格闘術との相互補完が可能になりハイブリッドな技術体系が構築できるようになっています。

百聞は一見に如かず まずは体験してください!
体験してみて失うものは何もありません。

「クライシスマネジメント」を求める方は私たちにお任せください。
そして一度体験してみて下さい。体験したところで失うものは何もありません。
いにしえから続く武の秘術と最新のDefense Systemがあなたを暴力から完全に守ります。

体験の申込等はこちらから!